イラストアトリエ 紫五龍 サツキのゲーム作成講座
FC2ブログ

イラストアトリエ 紫五龍

フリーのイラストレーター、サツキシリュウのイラストアトリエです。 ジャンルはファンタジーが主。TSF(性転換)要素のあるゲーム作成も行っています。18歳未満の方は閲覧を禁止しています。リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サツキのゲーム作成講座


続くかどうかわからないサツキのゲーム作成講座第一弾です。
単純にプログネタに困ったもんで気分転換に…(笑


前回の日記では、アナタもゲームを作ってみないか、という点で終わってましたね。
では、ゲームはどうやって作るのか。どんな風に作っていくのか。というのを少しまとめてみました。
※ちなみにTSネタのゲームについてですのでよろしくお願いします(^^


1・まずは何であれ、妄想から始まる

どんなシチュエーションが燃えるのか。まずはその内容を考えてみましょう。
身近にあるマンガネタから引っ張ってきてもいいでしょう。

即興でネタを考えてみた。むむむ。ぴーん。

めいど


『アナタは気がつくと、バケツに頭をぶつけていた。
 痛みに頭をさすると、長くさらりと流れる髪に触れる。…え?

 アナタは目を瞬きさせ、今の自分を確認した。
 まず自分の体を見下ろしてみると、胸には2つの丘が…。

 これはまさか…

 アナタはさらに確認しようと、股間へと手を滑らせた…』



気がついたら女の子、系が僕の作風には多いなぁ。
『そうなった理由』は後回しで。

かわいい女の子になってしまった主人公は、今の自分に戸惑う。
そして恥ずかしがる…。 
ここまで妄想があればとりあえず十分かな。


2・妄想を形にしてみる・プロローグ編



ではこれらを形にしてみましょう。

作成のツールは僕はウディタ(wolfRPGエディター)を使用していますが、
ゲーム作成の初心者はツクールシリーズのほうがオススメです。(ウディタのほうでもそう書かれてますね)

最初はイベントの作成などの部分は難しいと思われます。
サンプルゲームなどを参照にして、それを変更してみたりするのが上達への近道でしょう。


というわけでまずはマップの作成。

この妄想の形からすれば、マップの数はまず2つ。
黒いなーんにも無いマップと、中世風の屋敷1つ。

まずはここにイベントを置いていきましょう。


スタート

黒いマップへ移動

男としての主人公はどんなだったか独白

屋敷マップへ移動(主人公キャラグラ変える)

メイドになってた


と、始まりはこんなもの。
演出としてフェードインとかフェードアウトとか。付け加えるのもいいでしょうね。
ちなみにウディタだと基本のフェードイン、アウトの演出は今のところついてないので。

■ ← この四角をピクチャ表示。拡大率でっかく。不透明度0。処理時間0
そののちに
ピクチャ移動、拡大率そのまま。不透明度255、処理時間60。にしてみると、フェードアウトっぽい演出になります。

さて、プロローグは終わり。次はメイドになってからの演出を考えてみましょう。


3・妄想を形にしてみる・実体験編

『辺りには、鏡、ベッド、タンス、花瓶、ツボがあるようだ。
 アナタはそれらを確かめようとしてみました。
 が…立ち上がる最中、長いスカートに足をとられて前につんのめってしまいました』


どんな形にしろ、キャラクターがプレイヤーの意思で動くだけで、感情移入はできますよね。
女の子の体を自分で動かしている…というだけで萌える人も多いのでは。

屋敷には何があるでしょうか。
まず鏡は必須ですね。あとベッドにタンス… 花瓶やツボなどあれば十分でしょう。

それぞれにイベントを入れていけば、それなりに形にはなるかなと。

鏡イベント=自分の姿を確認。驚きと戸惑い。恥ずかしがりながらもスカートをめくりあげて…

タンス=着替えに興奮するのかな。

ベッド=下にエロ本でもあるかもしれませんね。しかしツイてない主人公はどう反応するだろう。

花瓶=イイニオイで興奮する、イヤなニオイなのに興奮する。どっちでもいいかな。

ツボ=アイテムでもホネでも何でも入っておくといいかも。ここに物語の内容にかかわるものでも入れてみますか。


こんなところかな。
次は全てを調べるとイベントが起きる、的なイベント。

・それぞれのイペントは、2ページ目を用意しておく。
・それぞれのイベントの初回に、変数A+1の内容を組み込む。2ページ目に移行するスイッチ、変数などをつけておく。変数である場合は、変数Aとかぶらないようにする。
(一度鏡を調べた後、2回目に調べた時に反応が変わる、ようなイベントがここまで)
・変数Aの値が+5の時(イベントの数)のみ、自動で実行されるイベントを作る。
・自動で実行されたイベントは、再び起きないよう、ここも複数のページを作っておく。


変数は面倒!というひともいるかもしれません。が。内容を理解していけば何となくわかっていくものだと思います。
ウディタだとスイッチが無いので、そのへんの理解がやや難しいかもですが…。


4・妄想を形にする・結末


とりあえず結末部分まで作ってみましょう。
全てのイベントを調べた後、ドアが開いて誰かが入ってくる。

その人が『ドッキリ』の詳細を話す。

何と、主人公は最新の女体化スーツを着せられていたのだ…!

と、いうオチ。オチは大切ですね。
(夢オチだってアリ…ですよね?)
ただ、こういうTSゲーであれば、その女体化スーツが脱げなくなるのも、よくあるオチの1つですが(笑



以上が作成講座・初心者用。でした。
いろいろ分かりにくいな(笑


次回があればまた(^^
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2011/07/23(土) 03:06:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あと10枚以上かッ…! | ホーム | フリー   その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satukisiryu4.blog.fc2.com/tb.php/15-d5a03753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。